お肌のホワイトニングとは?おすすめアイテムとクリームの選び方

シミ一つない白い肌、憧れますよね。
しかし、紫外線や乾燥など美肌の敵はあらゆるところにあり、全て対策するのは難しいと諦めてしまっていませんか?

実はいつものスキンケアにあるクリームを1つプラスするだけで肌を白く美しくすることができるんです。
それが、「ホワイトニング化粧品」です。
おすすめするホワイトニング化粧品を使えば効果的に色白美肌に近づくことができますよ。

今回は、おすすめのホワイトニング化粧品の使い方や効果、注意点、選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク


ホワイトニングとは

「ホワイトニング」とは、肌の持つ白さを引き出し、保つことを指します。
また、紫外線や加齢による肌のくすみやそばかす、シミなどを取り除き、美しい肌を取り戻します。

化粧水やクリームに「ホワイトニング」という表記がある場合は、この美白効果が期待できるアイテムであることを指しています。

シミやくすみが生まれるメカニズム

シミやくすみをはじめとする肌トラブルの原因の一つに紫外線があります。

紫外線を浴びることにより肌は「メラニン色素」を生み出します。

生み出されたメラニン色素は、本来、約28日ごとの新陳代謝(ターンオーバー)によって肌から剥がれ落ちていきますが、何らかのトラブルでメラニン色素が過剰に生み出されたり、ターンオーバーがうまくいかないことがあります。

こうして肌に残ってしまったメラニン色素が沈着し、シミの原因となります。

また、ターンオーバーがうまくいかないことで、肌にはメラニン色素以外にも古い角質が残ります。

この角質が積み重なることによって皮脂や老廃物を貯め込んでしまい、肌の透明感が失われ「くすみ」となってしまうのです。

つまり、メラニンを過剰生成させないこと、そして肌のターンオーバーを促進し、肌のバランスを整えることが色白美肌への近道なのです。

スポンサーリンク


ホワイトニング化粧品に使われる成分

ホワイトニング化粧品に含まれる成分は「肌を白く変えるもの」ではありません。
肌を保湿しバランスを整えたり、ターンオーバーの促進や、すでに沈着してしまったメラニン色素を薄める成分です。

ホワイトニング化粧品に含まれる主な美容成分をご紹介します。

ハイドロキノン

皮膚科などのクリニックでも利用されているシミ治療や美白を目的とした成分です。
アメリカでは20年以上前から使用されており、一部では「肌の漂白剤」とも呼ばれています。

メラニン色素の生成を抑えるだけではなくメラニン色素をつくる細胞を減少させていきます。

強力な成分ですが、紫外線に弱く使用中に紫外線を浴びるとシミが悪化する危険性もあります。
ハイドロキノンが含まれたクリームはナイトケアにのみ使用して、日中の紫外線対策を怠らないようにしましょう。

αアルブチン(ハイドロキノン誘導体)

ハイドロキノンより安全性や効果を高めた成分でメラニンの生成を阻止します。

αアルブミチンはハイドロキノンとブドウ糖をアルファ結合したものです。
皮膚の中に入ると一部が「ハイドロキノン」に変化するため、ハイドロキノン誘導体とも呼ばれています。

ハイドロキノンとは異なり日中の使用も可能で、より高濃度に配合することができるため、高い効果が期待できます。

スポンサーリンク


トリエチルヘキサノイン

トリエチルヘキサノインは油性の成分で肌に油膜を作り、水分の蒸発や乾燥を防ぎます。
サラリとしたテクスチャで肌なじみが良いのが特徴です。

乾燥肌が改善することによってターンオーバや肌のバリア機能の正常化が望めます。

プラセンタ

哺乳類の胎盤から抽出した成分であるプラセンタには、ターンオーバーを促進する成分や肌を保湿するヒアルロン酸、アミノ酸など多くの栄養素が含まれています。

また、メラニン色素を生成するチシロナーゼの働きを抑制したり、抗炎症作用によってメラニン色素の生成を抑えることができます。

クロスポリマー

ビニルメチコンやジメチコンとも呼ばれるシリコン樹脂の粉末です。
シリコンと聞くと体に悪い印象がありますがじつはそうではなく、肌を滑らかにしすべすべにする効果があります。

肌に薄い膜を作ることによって、保湿効果を高めたり、汗や水などによる崩れを防ぎ肌に張り付きます。
また、使用感をサラサラにする作用を持つため、クロスポリマーが含まれる化粧品はサラサラでなめらかなテクスチャになります。

L-システイン

肌や髪を作るアミノ酸で、メラニンの排泄を促進したり、ターンオーバーを促進する作用を持ちます。
他にも、アルコールを分解するときに発生するアセトアルデヒドを無毒化する作用もあり、二日酔いの予防効果も期待できます。

ブロッコリーなどの食品にも含まれていますが、含有量が少ないため食事から摂取することが難しい成分です。

スポンサーリンク


ホワイトニングクリームを選ぶときの注意点

目的を明確にする

まずはピンポイントで消したいシミがあるのか、シミができない様に予防したいのかなど、目的を明確にして選ぶようにしましょう。
ホワイトニングクリームの中には効果の強い成分が含まれているものもあります。
強いホワイトニング効果のあるクリームを顔全体に塗ってしまうと、刺激が強すぎて肌トラブルを引き起こしてしまう原因にもなります。

目的に合ったホワイトニング化粧品を購入し、正しく使うことが大切です。

配合されている成分で選ぶ

ホワイトニングクリームは、アイテムによって配合されている成分が異なります。
目的にあった成分を確認してからアイテムを選びましょう。

例えば、すぐにでも消したいシミがある場合は「ハイドロキノン」が含まれた部分用美容液タイプのホワイトニング化粧品がおすすめです。
逆に、シミ予防のためなら、「ビタミンC」や「ヒアルロン酸」が配合されているクリームタイプがおすすめです。

敏感肌が気になるなら「植物性成分」のみで作られた化粧品など、自分の肌に合ったホワイトニング化粧品を選びましょう。

アイテムの特徴で選ぶ

ホワイトニング化粧品には、クリーム以外にも化粧水や美容液の効果があるものがあります。

最もおすすめなのは、全て同じブランドで揃える「ライン使い」ですが、まずはお試しやプラスワンアイテムで取り入れたい場合はクリームや美容液タイプがおすすめです。

美容液タイプは、美容成分を豊富に配合することができます。
美白効果以外にも、アンチエイジング効果などアイテムによって様々な効果が期待できます。

一方、クリームタイプは高い保湿効果があります。
また、顔全体に塗布できるアイテムが多く、毎日のスキンケアとしても使いやすいです。

価格で選ぶ

肌のホワイトニングで重要なことは「継続すること」です。

どんなに効果の高い化粧品でも、続けることができなければ意味がありません。
無理のない金額で、使い続けることが美白への近道です。

スポンサーリンク


ホワイトニングクリームおすすめな使い方

基本の使い方

ホワイトニングクリームを使うときは、強く塗り込んだり擦らないようにしましょう。
摩擦によって肌が傷つき色素が沈着する原因となります。

また、一見浸透率が上がりそうなコットンですが、繊維がこすれ摩擦が発生することがあります。

ホワイトニングクリームを使用するときは、清潔な手で肌を包み込み温めるように塗ります。
必要以上に動かさず、肌に押し当てるイメージで塗ると余計な摩擦を生みません。

「素手で塗ると美容成分が手に吸収される」という説もありますが、手のひらには毛穴がないため美容成分が吸収されづらい構造になっています。
実は、手よりも顔の方が美容成分が吸収されやすくできているのです。

ホワイトニングクリーム1つに頼らない

ホワイトニングクリームは美白を目指す女性にとって高い効果が期待できますが、1つでなんでもできるわけではありません。

肌のホワイトニングのためには、健康な肌を作り出す必要があります。
そのためには、化粧水や乳液、日焼け止めなどの基本的なスキンケアをしっかりと行うようにしましょう。

多くのホワイトニング化粧品はクリームや美容タイプのものです。
これらのホワイトニング化粧品には、肌の水分が蒸発しないように蓋をする効果がありますが、肌に水分を与える効果は薄いものがほとんどです。
そのため、ホワイトニングクリームには化粧水が必要なのです。

基礎化粧品にはそれぞれに役割があるので、使うアイテムに合わせて基礎化粧品を使っていきましょう。

「夜用」「昼用」の表記を守る

ホワイトニング化粧品には「夜用」「昼用」の表記のあるアイテムがあります。

それぞれ入っている成分が違ったり、テクスチャを変えたり様々な工夫がされています。
中には、夜間には不要な日焼け止め成分が含まれている「昼用」や、紫外線に弱い成分が含まれている「夜用」などのアイテムも存在するので「夜用」「昼用」の表記は守りましょう。

アイテムごとの使い方を確認する

ホワイトニング化粧品はアイテムによって推奨されている使い方や使うタイミングが異なります。

例えば化粧水タイプであれば入浴後すぐに使うことが推奨されますが、美容液タイプであれば化粧水の後、乳液の前がおすすめのタイミングです。
この他にも、アイテムやメーカーによって推奨のタイミングがあるのでしっかりと確認しましょう。

タイミングを間違えてしまうと、肌にホワイトニング成分が浸透しづらくなり効果が半減してしまいます。

スポンサーリンク


お肌のホワイトニングに効果的な方法

美しい白い肌を手に入れるためには、ホワイトニング化粧品だけではなく、日常的なケアも大切です。
スキンケア以外にも、ストレスコントロールや食生活の改善など様々な方法でホワイトニングすることができます。

ホワイトニングに効果のある栄養素

ビタミンC

ビタミンCにはメラニン色素を生み出す「チロシナーゼ」の働きを邪魔する作用があります。
また、すでに肌に沈着してしまった色素を淡くする効果も期待できます。

ただし、ビタミンCは水溶性ビタミンなので一度にたくさん摂取しても、余剰分は水分と共に身体から排出されてしまいます。
数回に分けて摂取するようにしましょう。
また、柑橘類は紫外線に反応してシミの原因となることがあるので夜に食べるようにしましょう

おすすめの食材は、アセロラやパセリ、パプリカ、キウイフルーツなどです。

リコピン

高い抗酸化作用により、肌のダメージを減らし高いホワイトニング効果が期待できます。
他にも、ダイエット効果やシワ予防など女性の強い味方となる栄養素です。

リコピンは脂溶性なので、ドレッシングやソースに加工するなどオイルを使って調理することで効率よく摂取することができます。

おすすめの食材はトマトやプチトマト、スイカなどです。

セラミド

セラミドにはメラニンの生成を抑える作用があるため、ホワイトニング効果が期待できます。

セラミドとは人の肌の角質層に含まれる脂質の一種です。
肌を外部刺激から守ったり水分を保持する役割を持っています。

肌の中のセラミドは年齢とともに減少し、乾燥肌やシワ、くすみなどの原因となります。

美白効果はもちろん、乾燥肌に悩んでいる人にもおすすめの栄養素です。

おすすめの食材はこんにゃくや大豆、わかめやブロッコリーです。

サプリメントもおすすめ

多忙やアレルギーなどで食事から栄養を摂るのが難しいときはサプリメントもおすすめです。
美白を目的としたサプリメントなら効率よくホワイトニングに効果的な栄養素を摂取することができます。

スポンサーリンク


UV対策

ホワイトニングのためには、真夏の強い紫外線だけではなく「生活紫外線」対策も必要です。

夏以外の季節や、雨天でも紫外線は降り注いでいます。
自宅でもベランダはもちろん、窓際などで肌が紫外線にさらされています。

日焼け止めは、耳の後ろやうなじ、デコルテなども含め毎日使用し、日傘や帽子、ストールなどで肌を隠す習慣を付けましょう。

ただし、必要以上に効果の高い日焼け止めは肌の負担となってしまいます。
外に出ない日はSPF20、長時間屋外で活動する日はSPF50など、使い分けるようにしましょう。

1日に数回塗りなおし、塗りムラができない様にすることも大切です。

また、日焼け止めはクレンジングも重要です。
日焼け止めを塗った日はしっかりとクレンジングをして就寝時には肌に日焼け止めが残っていないようにしましょう。

定期的なピーリングをする

ピーリング効果のあるソープ等は、肌のターンオーバーを正常化しホワイトニングしてくれます。

肌の表面で硬くなってしまった皮膚や角質を剥がすことで肌を柔らかくし、ホワイトニング成分の浸透を良くしたり、肌の透明感を上げてくれます。

ただし、ピーリングのやりすぎは肌に負担がかかるため禁物です。
用法を守って使用しましょう。

生活習慣の向上

定期的な有酸素運動や上質な睡眠をとることで、身体は効率よく成長ホルモンを分泌します。
この成長ホルモンは肌のターンオーバーを促し、ダメージを修復してくれます。

毎日の適度な運動で血行を促進し、しっかりと身体を休ませることで美肌に繋がるのです。

ポイントは運動も休息も質の向上を意識して行うことです。
ただ動いたり眠るだけではなく、リラックスして正しい方法で行うようにしましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です