シミ取りクリーム効果のあるアイテムはどう選ぶ?

ふと鏡を見たときに目元や頬にできてしまったシミは、印象を一気に老けさせる原因にもなります。

だからこそ、様々なスキンケアアイテムを使って、どうにかシミを改善したいと願う女性は多いはずです。

今回はそんなシミに効果的と話題のシミ取りクリームとは何か、さらにそんなシミ取りクリームを効果的にする成分について調べてみました。

スポンサーリンク


シミ取りクリームとは?

最近SNSや口コミサイトでも多く目にするようになった、シミ取りクリーム。

多くの方が、気になるシミに使用していると評判で、私も一度使ってみたいと思っていました。

そもそもシミは、日々の紫外線や乾燥、摩擦などの外部ダメージによりメラニンが発生し、色素沈着がおこってしまうことが主な原因です。

シミ取りクリームには、有効な美白成分が含まれており、その美白成分によってメラニンの蓄積を防いだり、お肌の中のメラニンを体外へ排出していく効果が期待できます。
そのため、できてしまったシミでも、薄くなったり目立たなくなった!という口コミが多いんですね。

ただし、シミ取りクリームを選ぶ際は、きちんとどんな美白成分が含まれているのかを確認することが大切です。
さらに、どれくらいの浸透力かも、きちんと確かめて購入することが大切です。

シミ取りクリームを効果的にする成分

シミ取りクリームを効果的にする成分としては、ビタミンC誘導体、アルブチンなどがよく知られています。
いずれも、メラニンの働きを抑制しシミにアプローチできる成分です。

そんなシミケア成分の中でも、今最も注目されている成分が、ハイドロキノンです。

ハイドロキノンって?

ハイドロキノンはイチゴ、コーヒー、麦芽などにも含まれる天然由来の成分です。
同じく美白効果のあるアルブチンなどと比べて、約10~100倍ほどの効果が期待できるといわれています。

ハイドロキノンには、メラニンを生成する酵素チロシナーゼの働きを抑える作用があると考えられています。
メラニンの発生を抑制するだけでなく、メラニンの還元作用もあるというのですから、頼もしいですね。
そのため、別名、シミの消しゴム、シミの漂白剤などと呼ばれています。
シミを改善したいという方の中には、ぜひともハイドロキノン配合のアイテムを使ってみたいという人も多いでしょう。

ハイドロキノンの危険性

しかし、その高い効果から肌への刺激が強い成分でもあります。
濃度が高すぎると、肌荒れや赤みを引き起こしたり、使用部分だけ白くなる「白斑」という症状が起こる危険性もあります。

そのため、ハイドロキノン配合のシミ消しクリームを使う場合、1~3%以下の低濃度のものを選びましょう。
さらに、パッチテストを行ってから使用し始めるのがおすすめです。

スポンサーリンク


シミ取りクリームで「効果なし」なのはどうして?その原因と対策

気になるシミを改善するために、シミ取りクリームを実際に使ってシミケアを続ける方は多いです。

SNSや口コミサイトでは、シミ取りクリームを使うことでシミが目立たなくなった、すっぴんでも怖くなくなった、などうれしい声が上がっています。

しかし、その中には「効果を感じられない」「自分には合わない」といった口コミもあるようです。

では、どうしてシミ取りクリームで効果を得ることができない方がいるのでしょうか。

シミ取りクリームを使っても効果を実感できない!

シミ取りクリームは、含まれる有効美白成分によって、メラニンの発生を抑え、さらに蓄積したメラニンを体外へ排出することが期待できます。
そのため、できてしまったシミを目立たなくし、透明感のあるお肌を目指すことができます。

シミ取りクリームを使った人からは、気になるシミが目立たなくなった、と高い評価も耳にします。

しかし、効果が感じられないという方もゼロではありません。

口コミを見てみると、1か月ほど使用しても効果を実感できないという方もいるようでした。
またシミは薄くなったものの、完全に消えることはなかったという意見もあるようです。

シミ取りクリームの効果を実感できない原因は?

シミ取りクリームは、早い方では、使用して1か月ほどでその効果を実感することができています。

しかし、シミの濃さや年齢によっては、効果を実感するまでに何カ月も時間を必要としています。

特に生活習慣が乱れている方の場合、肌のターンオーバーの周期が遅れている可能性が高いため、同じアイテムを使用しても、思うようにメラニンの排出ができず、効果が実感できにくいようです。

濃いシミの場合、ある程度薄くなるまでには時間はかからないでしょう。
しかし、完全に消えるまでには、やはりしばらく継続して使い続ける必要があるようです。

スポンサーリンク


シミ取りクリームの効果を実感するために行う対策は?

1.継続して使い続ける

シミ取りクリームは高い美白効果はあるものの、その効果は個人差があり継続して使い続ける必要があります。
どんなアイテムでも最低3か月以上は使い続けることを前提として商品を選びたいものです。

2.生活習慣の見直し

肌のターンオーバーは、22時~2時の間が最も盛んにおこなわれています。
その間にきちんと睡眠がとれていないと、ターンオーバーが乱れ、肌の生まれ変わりが遅くなってしまいます。

早寝早起きを心がけ、質の良い睡眠をとるようにしてみましょう。
また、シミ取りクリームは、22時の就寝前に使うことで、より効果を実感しやすくなるはずです。

さらに肌に必要な栄養を届けるために、1日3食栄養バランスの取れた食事を心がけていきましょう。

3.肌を温めて浸透力を高める

シミ消しクリームの浸透力を高めるために、蒸しタオルなどを使って毛穴を開いたうえでクリームを使用するのがおすすめです。
こうすることで、肌の奥まで美白成分を浸透させやせすくなります。

特に、お風呂上りは肌が乾燥し、吸収力も高まっているので、効果的なタイミングです。

シミ取りクリームは海外では一般的?

日本でハイドロキノンなどが配合されたシミ取りクリームが販売されるようになったのはつい最近のことです。
一方で、海外では、シミ取りクリームは以前から比較的一般的に使われています。

ただし、海外のシミ取りクリームの中には、日本では認可されていない成分を含むものも多く、日本の薬局や店舗では扱われていないケースが多いです。
その場合は、個人輸入で購入することになります。

日本では認可されていない成分を含む海外コスメや、シミ取りクリームは、その分効果が高いという口コミも多くみられます。
しかし、日本人の肌は繊細なので、海外製のものを使ってトラブルになることもあります。
副作用や思わぬトラブルの危険性もあります。

ですので、効果の高さと副作用の危険性を考えると、やはり日本製のものが安心かなと思います。
海外のものを個人輸入した場合、何らかのトラブルが起こっても、保証も何もありません。

そのくらいの危険を冒すくらいなら、思い切ってレーザー治療する方が安心かもしれません。
それでも使ってみたいという場合は、必ずパッチテストを行い、安全性を確かめてから使用するようにしましょう。

スポンサーリンク


シミ取りクリームを効果的にする使い方

シミ取りクリームはシミを集中的にケアして薄く目立たなくしていくことができる美白アイテムです。
でも、どんなに優れたものでも、正しい使い方をしなくては、その効果を感じにくくなってしまいます。

ここからは、シミ取りクリームの効果的な使い方についてまとめてみました。

パッチテストを行って肌に問題がないか試してから使用する

シミ取りクリームは高い美白効果が期待できるものの、ハイドロキノンが配合されているものなどは肌への刺激も強く、様々なトラブルが出る場合もあります。

そのため、はじめて使用する場合は、必ずパッチテストを行ってから使ってみましょう。

また、最初は顔全体に塗るのではなく、気になるシミの部分にポイント的に使用するのがおすすめです。

ハイドロキノン配合のものはUV対策を徹底する

ハイドロキノンは集中的にシミをケアし、美白に導いてくれる成分です。
ただし、光と熱に弱く、紫外線ダメージによって、かえってシミを悪化させてしまう場合もあります。

そのため、ハイドロキノンが含まれているものは就寝前のみ使用するようにします。
さらに、日中はきちんとUVケアを行って、紫外線ダメージが当たらないようにしましょう。

吸収力が高いお風呂上がりのタイミングで使用する

お風呂あがりは肌が清潔な状態で、さらに肌が最も乾燥し、毛穴も開いて吸収力も高まっています。

このタイミングに合わせてシミ取りクリームを使用し、就寝すれば、より高い効果を実感することができます。

忙しい方は、蒸しタオルなどを使用して毛穴を開いてから使用するのもおすすめです。

肌の保湿を十分に行い、浸透力を高めてから使用する

シミ取りクリームを使用するときは、使用前に化粧水で肌の調子を整えてから使用しましょう。

肌に不足している潤いを補うことで、肌の吸収力を高め、シミ取りクリームに含まれている有効美白成分がさらに奥まで浸透しやすくなっていきます。

規則正しい生活を送り、肌のターンオーバーを整える

シミ取りクリームの効果により、肌に蓄積してしまったメラニンをスムーズに排出しやすくなるはずです。
ただし、それも肌のターンオーバーがうまく行われていなければ、思うように効果を実感することができません。

肌のターンオーバーを正常に保つためには、生活習慣が大切です。
毎日きちんと就寝時間を確保するようにしましょう。
夜22~2時の肌のゴールデンタイムには、きちんと睡眠をとれる状態が理想的です。

同時に、バランスの取れた食事を心がけ、肌に必要な栄養を補っていくことも大切です。

スポンサーリンク


シミ取りクリームを選ぶときのポイント

このように、シミ取りクリームはかなり高い効果が期待できます。
ここまで読まれて、自分でも使ってみたいと思われた方も多いことでしょう。

実際に、シミ取りクリームは多くの女性が愛用している美白コスメです。

でも、シミ取りクリームといってもたくさんの種類があるので、どれを選ぶべきか迷ってしまいますね。

ここからは、そんなシミ取りクリームを選ぶときのポイントについて確認しておきましょう。

1.含まれている美白成分を確認する

シミは日々の紫外線ダメージによりメラニンが発生し、蓄積してしまい、色素沈着を起こしてできるものです。

そのためシミ消しクリームの中には、メラニンの発生を予防する効果や、溜まってしまったメラニンの排出を促していく美白効果のある成分が含まれているものを選びたいものです。

まずは、自分が手にとった美白クリームの中に、どんな美白成分が含まれているのかを確認してみましょう。

代表的な美白成分は、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸などがあげられます。

特に今注目されているのはハイドロキノンで、以下の2つのアプローチからシミケアができます。

・メラニンを生成する酵素チロシナーゼの働きを抑制する
・還元作用で酸化して黒くなってしまったメラニンを再び薄く目立たなくする

シミに対して集中的にケアしていくことができるため、ほかの成分よりも即効性も高く、目に見えて効果を実感している方が多いのが特徴的です。

2.自分の肌に合うクリームを選ぶ

人によって乾燥肌、オイリー肌、敏感肌など様々なタイプの方がいらっしゃると思いますが、シミ取りクリームも自分の肌に合ったものを選んでいきましょう。

どれだけ美白効果が高くても、自分の肌には刺激が強く、かえってメラニンを発生させてしまいシミを濃くしてしまう可能性もあります。

また乾燥が気になる方は、保湿成分セラミド、コラーゲンなどが含まれているものを選ぶことで、肌を潤いベールでまもり、ダメージから守っていくこともできます。

実際に使ってみないとわからないこともたくさんあると思うので、いきなり購入するのではなく、トライアルセットやお試し品などを使ってパッチテストから始めてみましょう。

3.3か月以上続けられるものを選ぶ

シミ取りクリームは高い美白効果が期待できますが、年齢や生活習慣、さらにシミの濃さによってはシミを目立たなくさせるまでに時間を必要とする場合もあります。

そのため、経済的に無理して購入しても続けることができず、効果を実感する前にあきらめてしまうことも多々あります。

ですので、使用感、経済的にも3か月以上継続して使い続けることができる商品を選ぶのがおすすめです。

シミ取りクリームはトライアルで始めるのが安心

シミ取りクリームについて、まとめて紹介しました。

シミ取りクリームは成分にこだわって効果の高いものを選びたいものです。
しかし、一方であまりに刺激が強いものはかえって逆効果になることもあります。

ですので、シミ取りクリームを使用するときには、できればトライアルから始めるのが無難といえるでしょう。

今回の記事を参考に、ご自分に合ったシミ取りクリームを探してみてください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です