ニキビ跡とは?ニキビ跡の種類と原因、対策・治療法(治し方、消す方法)、隠し方、予防法

ニキビ跡の種類と原因ごとの対策・治療法、隠し方、予防法ご紹介

ニキビができた時、最初に考えることがどのように治すかだと思いますが、それと同時に心配になるのが「ニキビ跡が残るかどうか」だと思います。

ニキビ跡は、ニキビが悪化すればするほど残りやすくなりますが、ニキビがどこまで悪化するか、またそれに伴いニキビ跡が残るかどうかは、本人の体質や肌の免疫力、肌の回復力のにより異なります。

そのため、ニキビが悪化しやすい人、跡が残りやす人は早めの対応が必要になります。

ここでは、ニキビ跡を治療によって改善することを目指し、ニキビ跡のできてしまう原因や種類、隠し方を紹介します。

ニキビ跡によっては手遅れだといわれることがありますが、ニキビ跡ができた後でも、適切なスキンケアやクリニックでの治療を受けることで綺麗な素肌が期待できます。

スポンサーリンク


ニキビ跡とは

ニキビ跡とは、ニキビの最終段階である赤ニキビ~黄ニキビが落ち着いた後でも、残っている赤みや色素沈着、クレーターなどの跡のことです。

これは一種の傷のようなもので、ニキビの炎症によって周りの皮膚がダメージを受けることで発生します。

ニキビ跡の種類とニキビ跡ができる原因は?

ニキビ跡の原因はニキビ跡の種類により異なりますが、主としてニキビができ、ニキビがある程度長い間続くことで、ニキビのできた部分が炎症を起こし皮膚細胞が壊れ、真皮層に達し、真皮層はターンオーバーによる自然治癒をしないため凸凹になることが原因です。

ニキビ跡ができる原因を知ることで、ニキビ跡の予防、治す方法がはっきりと分かります。
ここでは5種類のニキビ跡の特徴、原因を説明します。

赤みのあるニキビ跡

赤みのあるニキビ跡は、膨らんでいたニキビが平らになり、ニキビはほとんど治っているけれど皮膚の炎症のダメージにより赤みが残っている状態です。

これはニキビが治る過程において、好中球(※)が増えすぎたアクネ菌を攻撃することにより周辺の皮膚が傷つき、この傷ついた部分を修復しようと毛細血管が拡張し、血液に含まれているヘモグロビンが透けて見えることによるものです。

肌のターンオーバーにより時間が経つにつれ、自然に薄れていくものであるため、厳密にはニキビ跡ではありません。

※ 白血球の約半分を占め、体内に侵入してきた病原菌や異物を分解し、殺菌することで感染を防ぐ働きをしているもの

色素沈着(茶色、紫色)によるニキビ跡

色素沈着によるニキビ跡は、ニキビを発症した箇所が炎症で赤くなり、炎症性色素沈着により茶色や紫色になり、シミのように見えるものです。

茶色のニキビ跡は、炎症により皮膚細胞のメラノサイトが刺激されることで起こりますが、紫色のニキビ跡は、ニキビの炎症や化膿で肌の奥にある毛細血管が破壊されたことで起こります。

凹み(クレーター)となるニキビ跡

凹みとなるニキビ跡は、ニキビの炎症が毛穴の周辺にまで及ぶほど悪化し、毛穴そのものが破壊され、肌の表面が凹みとなるニキビ跡です。

ニキビの炎症がひどくなり、白血球による炎症を抑制しようとする働きでターンオーバーによる自然治癒ができない皮膚の真皮層が破壊され、肌が完全に修復されないことが原因です。

アイスピック型・ボックスカー型・ローリング型の3タイプがあります。

アイスピック型

アイスピック型のニキビ跡は、肌の断面をアイスピックで刺した跡のように逆三角形のような形でかなり深くへこんでいます。

クレーターの直径は小さく、細かい点状のような穴の開くクレーターです。穴の直径は小さめですが、皮膚の深い場所である真皮層よりも深い部分まで窪んでいます。

ボックスカー型

ボックスカー型のニキビ跡は、深さはありませんがボックスのように四角く垂直に近い形で窪み、底面が平べったい形をしています。

ローリング型

ローリング型のニキビ跡は、皮下組織の萎縮や繊維化した組織により皮膚が引っ張られることで発生したもので、範囲が広く直径が4~5ミリ以上のなだらかに大きく凹んだ楕円形をしています。

しこり状のニキビ跡

しこり状のニキビ跡は、ニキビのあった箇所がボコッと盛り上がり、しこり状になったものです。

赤ニキビや黄ニキビによる炎症が皮膚の深いところまで到達し、傷ついた組織を修復しようと新しい細胞を必要以上に生成したことにより発生したものです。

ケロイド状のニキビ跡

ケロイド状のニキビ跡は、 ニキビの炎症により皮膚の表皮の下の真皮に傷ができ炎症が起こることで生じる疾患で、ニキビの炎症により細胞が皮膚を修復しようとコラーゲンを過剰に生成したものです。

主な原因は体質です。特にあごやほほのUゾーンと呼ばれるフェイスラインによく表れます。

スポンサーリンク


ニキビ跡は消える?ニキビ跡の対策(治し方、消す方法)

ニキビ跡ができるかどうかは、肌の回復力に左右されることがほとんどですが、それ以外ではニキビの悪化状況によります。

白ニキビや黒ニキビなどニキビの初期段階で適切なスキンケアや治療によりニキビを治すとニキビ跡はできにくいですが、赤ニキビや黄ニキビなど炎症が皮膚の真皮層まで達している場合は、ニキビ跡ができやすくなります。

では、一度できてしまったニキビ跡は、いったいどのように対処すればいいのでしょうか?ニキビ跡の種類ごとに、対策方法を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です