石鹸クラフト通信講座 石鹸クラフト認定講師資格取得講座ご案内!

最近では環境のことや健康のことを考えて、毎日使う石鹸にこだわりを持っている人が増えてきています。特に女性の中には、見た目にも美しかったり、良い匂いがしたりする石鹸を求めている人が多く見受けられます。

日本各地でも石鹸工芸が盛んに行われており、デートや旅行などの記念にオリジナルの石鹸を作ることも流行っています。

そんな中、ちょっとしたプレゼントやインテリアにも最適で、色、香り、形などアイデア次第でオリジナルのおしゃれな石鹸が自宅で簡単に作れるようになる石鹸クラフト通信講座に注目が集まっています。

石鹸クラフトとは

フレーバーオイルやカラーリキッドなどを用いて、様々な美しいデザインの石鹸を手作りすることを石鹸クラフトと言います。

石鹸を手作りするというと、苛性ソーダを使った本格的な作り方や細かく砕いた石鹸を手でこねて形成する作り方などがありますが、石鹸クラフトではMP石鹸と呼ばれる、通常の石鹸よりもグリセリンが多く含まれている石鹸を材料に使用することが主流です。MP石鹸のMPとは「Melt & Pour」の略で、「溶かして注ぐ」だけで様々なアレンジができるので、比較的簡単におしゃれな石鹸を作ることができます。

MP石鹸は電子レンジで簡単に溶けるので、初心者でも石鹸クラフトの作業がしやすく、さらに天然保湿成分であるグリセリンが多く含まれているので健康や美容を意識している人にも嬉しい石鹸を作ることができます。

見た目が美しかったり、匂いが良かったりする手作りの石鹸は、使っているだけで気分が良くなりますし、友人へのプレゼントにしても喜ばれます。アレンジは自由自在なので、自分だけのアイデアで石鹸クラフトを楽しむことができます。

石鹸クラフト認定講師資格取得講座を受講しよう

美しく香りも良い手作り石鹸は丁寧にラッピングすることで気軽に贈れ、相手にも喜ばれるギフトとしても優れていることから、手作り石鹸教室に通って自分で石鹸を作りたいという人も増えています。それに伴って手作り石鹸教室が徐々に全国で増えてきているのですが、実は、PBアカデミーの通信教育でも石鹸クラフト認定講師資格取得講座が開かれています。

石鹸クラフト認定講師資格取得講座は、初心者でも楽しく学ぶことができるように考え抜かれた教材やキットが手に入ることや、石鹸だけではなくハーブ・植物油のプロフィールについても学べるので、自分の好みのハーブや植物油を使って作品作りができるようになるといったこと、またそれらの基礎知識のみならずプロの石鹸クラフト技術までしっかり習得できることなどから、講師になる、ならないに関わらず、自分の趣味として石鹸クラフトを極めたい人にも魅力ある講座です。

PBアカデミーの石鹸クラフト講座では基礎はもちろん、カラーの付け方、香りの付け方、フレグランスオイルの種類、フレーバーオイルの種類、カラーリキッド使用のデザインなどの知識を身に付けることができ、自身の石鹸クラフトデザインの幅も広がり、より多くの魅力的な作品を作り出すことができるようになります。

さらに講座では、講師としてわかりやすく人に教えるというテクニックも自然と身に付きますので自宅でスクールを開いたり、イベントなどでワークショップを開いたりして石鹸クラフト資格を有する講師として活躍する道も開けてきます。

通信講座受講のメリットと独学のデメリット

PBアカデミーの石鹸クラフト通信講座には多くの魅力が詰まっています。通信講座を受講するメリットをここで4つご紹介したいと思います。

1つ目は、通信制であることの手軽さです。
石鹸クラフト認定講師資格の取得を考える人は30代以降の主婦の方々が主で、「子育てに一段落ついたので余暇時間を有効に活用したい」、「家事の合間に小遣い稼ぎをしたい」、「本業の他にも在宅で少しでも家計の足しになることがしたい」、「趣味を仕事にしたい」という女性が多くいらっしゃいます。

家事や仕事があって時間が限られている方々に人気なのが通信講座です。人それぞれに異なるライフスタイルに合わせて、家事の隙間時間や仕事から帰宅した後の寝るまでのわずかな時間で学ぶことができるのが通信講座の最大の魅力です。時間と場所を問わずに学ぶことができるという手軽さによって通信が好まれています。PBアカデミーの石鹸クラフト講座は通信講座ですが自主学習だけではなく、わからないことがあれば電話やメールでいつでも質問することができ、小さな疑問にもその都度、指導経験豊富な講師陣が丁寧に回答してくれるので誰でも安心して講座を受講することができるようになっています。

2つ目は、指導経験豊富な講師陣監修の教材が手に入ることです。

PBアカデミー石鹸クラフト通信講座では、テキストを含め、石鹸クラフトに必要なものがすべてキットで手に入ります。
石鹸クラフトに必要なものは石鹸素地、シリコンモールド、カラーリキッド、オイル、ビーカーなどいろいろありますが、それらを自分で調べて一から揃える手間が省け、キットが届いたその日からすぐに石鹸クラフトを学び始めることができます。

石鹸クラフトキットは初心者でも使いこなせることを前提に、誰にとっても使いやすく確実に技術を向上させることができるように考えて作られています。基本的な道具の他に、バリエーション豊かなパーツ素材も付属されていることから複数の技法や多くの作品に取り組むことができるのもPBアカデミー石鹸クラフト講座ならではの魅力です。

テキストについても同様に、初心者を含め、誰が読んでもわかりやすいように画像を多く使用し、プロ視点のコツやポイントを踏まえて、シリコンモールド基本技法、型抜技法、MP石鹸の切り方、カラーの付け方、香りの付け方などの技法などが丁寧に説明されています。テキストに沿って、いろいろなデザインの石鹸クラフトに触れることができるので、豊かなデザイン性やアイデア力を養うことができ、この世に1つしか存在しないオリジナルの石鹸クラフト作品を作ることができるようになります。

3つ目は、石鹸クラフト認定講師資格の取得までにかかる期間が短くてすむことです。
受講者の生活スタイルに合わせて、自分のペースで着実に学習を進めることができる通信講座では、長くかかっても4ヶ月以内には資格を取得することができます。(資格の取得には課題作品とレポートの提出が必要となりますので、資格取得に4ヶ月は必要です。)

PBアカデミー石鹸クラフト通信講座ではメールでの質問を24時間受け付けているので、疑問が生まれたらその瞬間に聞くことができ、回答もメールで送られてくるので何度でも繰り返し確認でき、また、電話での質問も受け付けているので、納得のいくまでサポートを受けることが可能です。

このように手厚いサポートを受けることができ、テキストと合わせてよりスムーズに学ぶことができるようになっており、そのため資格取得までにかかる時間を最短に抑えることができます。

4つ目は、人への教え方を学ぶことができることです。
これは講座を受講することでしか絶対に身に付けることのできないスキルです。石鹸クラフトを学びながら、時間をかけて自分の知識を深め、技術を地道に伸ばしていくことは独学でもできますが、自分1人でインターネット画面や動画、書籍と向かい合って黙々と学んでいくだけでは、「人へ教える」というスキルは身に付きません。石鹸クラフト作品を作ることと、その作り方を人に教えることのノウハウは全く別物なので、自分で上手に作品を作ることができるのに他人に作り方を教えたりデザインや技法をアドバイスしたりすることが上手くできないということはよくあります。しかし、それでは講師としては不十分です。

前述した通り、PBアカデミー石鹸クラフト通信講座では、どのように教えたらわかりやすいか、伝わりやすいかを熟知したプロの手ほどきを納得いくまで受けることができますので、受講しながら自分が受けたサポート経験が、資格取得後は、自分が人へ教える際に役立ちます。

ここまでの話の中でも軽く触れてきましたが、石鹸クラフトを独学で認定講師資格の取得を目指すことには、「時間がかかる」、「オリジナリティを育むのが難しい」、「教え方が身に付かない」などのデメリットがあります。PBアカデミーの石鹸クラフト講座では、それらの問題がすべて解決できます。



石鹸クラフト認定講師資格通信講座コチラ

石鹸クラフト認定講師になろう

認定講師資格は国家資格ではないので、資格がなくても講師として仕事をすることはできるのですが、認定講師になることにはメリットがあります。ここではそのメリットを2つお話したいと思います。

まず1つ目は、石鹸クラフト認定講師となることが仕事をする上で信頼を得ることに繋がるということです。認定講師資格は、自分が石鹸クラフトに関する確かな知識とデザイン性、応用力を身に付けていることの証明になります。資格取得の審査に合格すると認定証がもらえるため、有資格者であることをアピールできます。自らスクールを開講した場合は、趣味の幅を広げたかったり、クラフト作家になりたかったりする生徒からの信頼を得ることができるだけでなく、講師が有資格者であるということがスクールのアピールポイントとなって集客にも役立ちます。

また、すでに開講されている石鹸クラフトスクールの講師として働くという方法もあります。講師の仕事は人に技術指導を行うのが主な職務内容ですから、面接では資格の有無を問われることがほとんどなので、スクール開講者からの信頼を得るという意味で講師資格をもっていることが有利に働くこともあります。

2つ目は、活動の幅が広がることです。石鹸クラフト講師としての仕事は、スクールだけに限られるものではありません。子育て支援センターや小さい子どもを連れたママサークルでの講師依頼、地域のイベントなどにおけるワークショップの開催依頼など、石鹸クラフト認定講師資格を持っていることで各方面から仕事の依頼が舞い込むようになります。そういった場での講師依頼を受けるのも、スクールで技術指導を行うのとはまた違ったやりがいを感じることができるでしょう。

石鹸クラフトが流行っている今、石鹸クラフト講師の需要も多く、認定講師資格の取得は自身の活動の幅が飛躍的に広がるきっかけとなります。



石鹸クラフト認定講師になるには?

インターネットをつかって石鹸クラフトで稼ごう

石鹸クラフトのプロとなって稼ぐには、講師としてスクールやイベントなどで働くこと以外に、インターネットを利用して大きなマーケットで石鹸クラフトの作り方を教えたり、作品を販売したりする方法もあります。

具体的には、ウェブセミナーでスキルを伝授するストアカやハンドメイド作品を販売するminneなど、誰でも自由に、簡単に自分の持つスキルをお金に換えることができるマーケットがインターネット上に数多くあります。

しかし、そういったマーケットでスキルや作品を売る人は多いので、オリジナリティが問われます。多くの商品が行き交う市場において、ありきたりな商品は誰の目にも止まりません。

石鹸クラフト講座を受講して手に入る指導のノウハウや資格、アイデア力によって、趣味の領域を超え、大きなマーケットで稼ぎましょう。

ストアカ
個人や企業が主催する講座・教室・レッスン・ワークショップが21,000件以上 日本最大級のまなびのマーケット「ストアカ」

最後に

大人になると、家事や仕事をこなすだけで毎日が同じことの繰り返しです。それでも何か1つ、熱中して取り組むことのできる趣味や自信を持って特技だと言えることがあると生きがいになります。

石鹸クラフト認定講師資格取得講座を受講してスクールやイベントで認定講師として働いたり、インターネットを介してスキルや作品を売って収入を得たり、また趣味のスキルが上がることは嬉しいものです。

講座の受講には69000円(24回分割払いだと1回当たり3300円)の受講料がかかりますが、材料をいちいち揃える手間もなく、充実した内容のテキストも手に入ることを考えるとお得です。

特に、より高度な技術で石鹸クラフト作品を作りたいという人、講師になって人に教えてみたい人、石鹸クラフトで収入を得たい人へは、手厚いサポートを受けながら幅広い専門知識と優れたプロの技術を確実に身に付けることができるPBアカデミー石鹸クラフト講座がおすすめです。

↓↓↓↓↓↓↓↓


石鹸クラフト通信講座 認定講師資格取得講座コチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です