浜崎あゆみ 暴露本 M 愛すべき人 で過去の恋が。今更なぜ

2019年8月1日に発売された『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)がネット上で大きな話題になっています。

同書の著者はノンフィクション作家の小松成美氏で、歌手の浜崎あゆみさん(40)への取材を基にまとめ上げた小説として発売されファンにとって衝撃的なものとなっているようです。

同書には、浜崎さんが1998年にエイベックスからCDデビューすることになったきっかけとなる、同社の松浦勝人社長(当時は専務)との出会いに始まり 松浦勝人社長との交際、そして、1999年末に別れに至るまでが記されており併せて 小説と最初と最後には、現在(2018年時点)の浜崎さんがこれらを振り返る描写があり、正に浜崎さんの「自伝」とでも言える体裁となっているようです。

ネット上では「あゆのMって松浦のMやったんか!?」「もう今さらやめようよ。暴露本なんて何の得にもならんよ…」「もー全部松浦の顔出てくんじゃん最悪。まじでやめてほしい。好きだったころのあゆの歌は今でも聴いてたのに無理。」など批判の声が上がっているようです。

しかし一体なぜいまさら感もあるこのタイミングで暴露本が発売されたのでしょうか?

今回は浜崎あゆみさんの暴露本 Mについてまとめていきます。

スポンサーリンク


令和になり明かされる秘められた恋

「平成の歌姫」がデビュー当時から20年間隠し続けてきた“秘められた恋”が、小説という形で明らかにされました。

著者はノンフィクション作家の小松成美氏で過去には「中田英寿 鼓動」などで話題となりました。

今回の暴露本は、取材を基に浜崎あゆみさんのデビューから「歌姫」と呼ばれるまでの2年間と、秘められた“恋の物語”を、赤裸々に描き出した小説 のようです。

作中は松浦会長ら実在する人物が実名のまま登場し、ノンフィクションノベルならではの具体的な地名や生々しい会話のやりとりも描かれているそうです。

当時は「女子高生のカリスマ」とまで呼ばれ浜崎あゆみさんのファンションやメイクなど、若者がこぞって真似をするほど圧倒的な人気でした。
同時期に人気のアーティストといえば、安室奈美恵さんや宇多田ヒカルさんがいましたが、群を抜いた人気だったように思います。

そして、今回何よりも驚かされたのが大ヒット曲「M 愛すべき人がいて」は松浦勝人会長との恋模様を描いた曲ということが暴露されました。Mがまさか松浦勝人会長の頭文字だったとは、驚くとともに知りたくなかったファンも少なくないはずです。

他にも浜崎あゆみさんが世へ送り出してきた数々の名曲たちは松浦勝人会長への想いをつづったものなのかもしれませんね。

話題になった恋愛といえば

今回の暴露は確かに驚きましたが、もともと浜崎あゆみさんといえば「恋多き女性」です。度々世間を騒がせていましたが中でも一番印象に残っているのは、TOKIOの長瀬智也さんとの恋ではないでしょうか?

長瀬智也さんとの交際を振り返ってみるとお二人はなんと7年間も交際していたそうです。お揃いのタトゥーを入れて堂々と海外旅行から帰国したりと、結婚秒読みか?とも噂されていたほどでした。

しかしその後長瀬さんとは破局し、なんと2度の結婚と離婚を繰り返しました。

週刊誌では度々「長瀬との恋が尾を引いているのではないか」などと噂されてきましたが、どうやら「尾を引いていた」のは松浦会長との関係だったことが今回の暴露本で明らかになりました。

また本書では、松浦勝人会長との恋模様のほかに

幼少期から父親と会っていないこと
エイベックス所属前の芸名が「浜崎くるみ」だった
デビュー曲と祖母の死の関係

などなど中身の詰まった一冊になっているそうです。

スポンサーリンク


いまさらなぜ暴露本が?

一方で、「付き合っていたのなんてファンなら知ってる」と、これまでの浜崎さんについての報道や浜崎さんの言動から、浜崎さんと松浦社長が「特別な関係」にあったことは「公然の秘密」だったとする声も多く上がっています。

2人の親し気な姿はファンの間でたびたび話題にまっており 浜崎さんのデビュー直後の歌詞の内容から 松浦社長のことを歌っていたと分析するファンも多いようです。

そして「暴露本は今出して欲しくなかった…安っぽくなる」「暴露本に漂う今更感」と、いまだ現役稼働中の浜崎さんがなぜわざわざこの時期に秘密を暴露するような内容の本を出すのかと批判的な意見が多いですね。

今回の出版が 世間一般では「浜崎さんによる暴露本の出版」と受け止められている一方で ファンの間では「公然の秘密が書籍化されただけ」との反応が目立ち 加え、浜崎さんがこれまでにインスタグラムに松浦社長との親し気な姿をアップしてきたことを考えると浜崎さんとしては「秘密を暴露」するつもりは更々なかったとも考えられますね。

「なぜ今、書籍化するのか」との問いに対する答えは同書の20ページと21ページを見てみると、現在の浜崎さんが松浦社長に対し今後もステージに立っていたいとする希望を伝えると、それに対し、松浦社長が「そんなの当たり前だろ。ここから二十年先までのロードマップを、俺たちは描くんだよ」というシーンがあり浜崎さんがこれまでの自身の活動を総括し、次の20年に思いを馳せていることを世に知らしめたいからなのかもしれませんね。

暴露本は早くも重版が決定

浜崎あゆみさんの暴露本「M」の売れ行きは編集者によると「初版は5万部で、さらに8万部重版しました」と明かしていたようです。

出版業界で小説は3万部を超えるとヒットといわれるようで累計13万部は立派なベストセラーですね。

しかし今回の暴露本で芸能界から向けられる目は厳しいようで7月31日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)では1995年放送のドラマ「未成年」で共演した遠野なぎこさんからは「ただの痛い人になってしまったなっていう印象……」と酷評をうけ坂上忍さんからは1日の「バイキング」で、〈事実に基づくフィクション〉という触れ込みについて「何かスッキリしない」と指摘し薬丸裕英さんは同日の同番組で「すごく浜崎あゆみさんにとってマイナス」とコメントをしていました。

ネット上からも芸能界からも厳しいコメントが多数見受けられますね。

しかしその分 大きな話題になっていることがベストセラーにつながったのかもしれませんね。

ファン離れが心配です。

最近、浜崎さん関連のニュースが大きく取り上げられることが減り 現在は2020年まで続く全国ツアーの真っただ中 今回の暴露本はバッドニュースもニュースのひとつという意味で、注目を集めるためのカンフル剤みたいな意味もあったのかもしれませんね。

浜崎の次回コンサートは8日に大分で行われもしかすると、暴露本についての“暴露”するのか楽しみですね。

まとめ

浜崎あゆみさんがノンフィクションを描いた「M 愛すべき人がいて」が発売
中でもAVEXの松浦勝人会長との恋を暴露している点が話題に
ファンからは「なぜいまさら」「公然の秘密」だったの声も
芸能界からも厳しい声が上がっている
暴露本を「いまさら」出版した理由はこれからの20年を見据えて

いかがだったでしょうか?

暴露に関しては様々な意見があります。もちろんファンからの批判的な声もありますし、現在AVEXに在籍するアーティストからすればいい気はしないかもしれません。

かつてはテレビをつければ見ない日はないほどの大人気でしたが、近年のメディア露出はめっきり減ってしましました。

今回の出版が話題を集めるためのカンフル剤だったとしても、これをきっかけにメディア露出が増えれば、やっぱりファンは嬉しいですよね。

浜崎あゆみさんの「今後20年」の活躍を期待したいともいます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です