綺麗になりたい40代を叶えるアラフォーからでも綺麗になれる方法

気がついたら40代!

年齢を重ねるとともに、見た目が変わってきたと感じている方も多いのではないでしょうか。

40代は、綺麗でいられるか、老化の一途をたどるかの分かれ道です。

綺麗な40代は、人生経験や落ち着きが加わって、外見だけでなく内面も加わって本当に美しいです。

そんな綺麗な40代になるための方法、内面のモチベーションの保ち方などをご紹介いたします。

スポンサーリンク


40代は綺麗かどうかの分かれ道!大切なのは綺麗になりたいという気持ち

10代や20代の頃、40代というとどのような印象を抱いていたでしょうか。

すっかりおばさん、誰かのお母さん、というイメージではないでしょうか。

確かに昔はそうだったかもしれませんが、時代は変わりました。

綺麗な40代が年々増えているのです。

独身、既婚に関わらず、年齢を重ねても美しさを保っている人には、一体どんな秘訣があるのでしょう。

答えは簡単です。

アラフォーでも美しい彼女たちは、並々ならぬ努力をしているのです。

老化現象は誰にでも平等にやってきますが、それを遅らせるには日々の習慣と努力に他ならないのです。

芸能人で40代、50代でも美しい人は、まぎれもなく努力の上に、お金も相当かけているでしょう。

40代が美しいのにはもう一つ理由があります。

大人の女性ならではの落ち着きや色気、凛とした印象など、内側からにじみ出ているものがあるのです。これは20代や30代では得られない魅力です。

また、「綺麗になりたい」という意思を持ち、若い頃から努力を重ねてきた女性は、40代になると頭角を現してきます。周囲の40代に、圧倒的な差をつけて若くいられるからです。

一方で、若い頃は綺麗だったけれどそのことに胡座をかき、努力しなかった人は、40代になると一気に老け込みます。ファッションにも気を使わず、体はだらしなく太る、メイクもしない。それでは魅力的な40代になれません。

40代になっても「綺麗になりたい!」「若く見られたい!」という意思を持ち、そのために努力できる人だけが、年齢を重ねても美しくいることができるのです。

スポンサーリンク


美魔女を目指すより、あなたらしさを活かした美しさを目指すこと

テレビや雑誌に、美魔女と呼ばれる女性が頻繁に出てくるようになりました。

彼女たちは、(美)魔女と呼ばれるだけあって、全く40代に見えない若見えが特徴です。

けれど、おそらく彼女たちは相当外見にお金をかけており、中には病的に美しさを追い求めている人もいます。

テレビで美魔女を観る時、その人たち特有の切迫感や競争心、野心的で鼻に付く発言や雰囲気が気になるのは、私だけでしょうか。

美魔女には不自然さが漂っているのです。

それよりも、40代らしい落ち着きや、その人らしい個性、人生観のようなものがにじみ出ている。それでいてナチュラルに美しい。そんな40代が素敵です。芸能人で言うと、篠原涼子さんや、井川遥さんのような人が理想ですね。

40代は、いくら頑張って若作りしても20代の若さにはかないません。

その代わり、若い頃には得られない思慮深さ、落ち着きや余裕などが感じられ、その全体的な雰囲気を見て「綺麗な人だなぁ」と、人は思うのです。

他の人より「若く」見られる必要はない。あなたらしい魅力に、あなた自身気がつき、認めてあげることで、どのように自分らしさを活かしていったら良いか考えていけば良いのです。

スポンサーリンク


40代から綺麗になる方法

40代でも綺麗で若々しい人をよく観察してみてください。

その理由は努力の賜物であることもあれば、毎日の何気ない習慣かもしれません。

今日からできる綺麗になる習慣で、あなたも美しく年齢を重ねていきましょう。

体型の印象は姿勢で決まる!背筋を伸ばして

年をとったおばあちゃんの特徴とは何でしょうか。

それは、腰が曲がってゆっくり歩いている姿です。

年齢を重ねると、だんだん姿勢が悪くなっていく人が多いですが、姿勢が悪いと若々しい印象は与えられません。日本人は、そもそも前かがみになって食べる麺類などの食生活から、猫背の人が多いと言われています。

20代の頃はそれでも問題なかったかもしれませんが、40代になって猫背だと、それはただの「老化」と取られてしまいます。

例えば、バレリーナは姿勢がとても良いですよね。彼女たちは年をとっても、老けていると見られることはまずありません。それは、常に背筋がピンと伸びているからです。

まず、シャキッと背筋を伸ばし、前を向いて歩くようにしてみましょう。印象がガラッと変わります。

第一印象の8割は髪型!ツヤとボリュームを意識して

人は初めて会った人に対する印象を、無意識に8割ほど、髪型で決めているそうです。ですから、乾燥してパサパサになった髪でいると、「老けた人」という印象を与えてしまいます。

また、顔は前からしか見られませんが、髪は後ろからでも見られています。そのため、体型と同じく360度からジャッジされている部分なのです。

40代で老けている人の特徴として、昔流行った髪型をそのまましている、髪にツヤがない、極端にボリュームがないといった特徴があります。

一方、40代でも若々しい髪型をしている人は、髪にツヤ感があり、美容師さんのアドバイスに従って、ボリュームアップして見える髪型や、40代に似合うようなエレガントな髪型をしています。

美容師さんは髪型のプロです。

「若々しく見られたい」と相談すれば、さまざまなアドバイスをくれるでしょう。美容のプロに対して、見栄を張る、頑固に自分を押し通すなどしてはいけません。

素直に周囲の意見を聞き入れる人。それも40代で美しい人の特徴です。

スポンサーリンク


メイクがおばさん化してない?ツヤ感とナチュラル感がポイント

たまに40代で、何かの冗談かと思うような、濃いメイクをしている人がいます。

昔流行ったからといって、それが自分に似合っているかどうかは別物です。

しかも、メイクは年齢とともに変化させていかなければなりません。

本当は綺麗なのに、メイクで自分の良さを台無しにしてしまっているのは、20代でも40代でも本当にもったいないことです。自分の顔の特徴を生かしながら、なるべく自然にメイクをしていくのがベストではないでしょうか。

老けて見える人のメイクは、一様に厚化粧です。

ファンデーションを塗りすぎるのが若い頃からの癖になっており、どこまで塗ったら終わりなのか分からない、という人もいるでしょう。

けれど、厚化粧だと一気に老けて見られます。

ファンデーションでカバーするのではなく、下地に品質の良いものを取り入れましょう。

若い頃は赤みを消すグリーンやブルーの下地を使っていたかもしれませんが、40代からはピンク系の下地がおすすめです。

顔色を良く見せてくれる上、ツヤ感、しっとり感を出してくれます。

ファンデーションはなるべく薄づきのものをチョイスし、透明感をアップさせてくれるパウダーで自然に仕上げましょう。

シミを隠したいなら、ファンデーションを重ねるのではなく、コンシーラーをポイントで使います。指の腹を使い、周囲をなじませれば、ごく自然にシミは隠れます。

ツヤ感とナチュラル感を意識してベースメイクに時間をかけることで、素顔が美しい印象を与えるメイクになります。そうすることで、若見えメイクが出来上がるのです。

自分に似合うエレガントなファッション

自分に似合わない服を、流行りだからと着るのはナンセンスです。40代では、自分に似合うのがどんなファッションなのか、知っている人こそが魅力的です。

おしゃれ番長になる必要はありません。自分に何が似合うか分からない人は、周囲に聞いてみましょう。40代になったからといって、急にファッションを変える必要はもちろんありませんし、自分が好きな服を着るのが一番です。

ただ、露出が多すぎる服や、若すぎるファッションは年齢不相応かもしれません。40代だからこそ似合う、エレガントで上質なものがおすすめです。

自分に似合う色、肌触りの良い素材、シチュエーションに合わせたファッションを、思いっきり楽しみましょう。

スポンサーリンク


ダイエットは健康的な食生活から

スリムな体型維持は、若々しく見られるために必須の条件です。

40代になると、新陳代謝が落ちるため、太りやすくなる人も多いと思います。だからと言って無理な食事制限などでダイエットをすると、一気に不健康に見られてしまう恐れがあります。

40代でダイエットをするなら、規則正しく健康的な生活、野菜中心の食生活と適度な運動が基本です。食事だけで痩せようとすると、肌や髪がボロボロになり、美しいとは程遠くなってしまいます。

また、40代で痩せすぎなのも問題です。あまりにガリガリで年齢を重ねていると、「どこか悪いんじゃないか」と思われ、綺麗かそうでないかという以前の問題になります。

「健康が一番大切」という意識を常に持ち、時にはサプリメントも有効に活用して、栄養をしっかり摂りながら、自分らしい美しさを追求しましょう。

美肌を保つには毎日のスキンケア

40代でも綺麗な人の条件。それは肌が美しいことです。

けれど、美肌は一朝一夕に手に入れられるものではありません。20代からの積み重ねが、40代の肌を形成しているのです。

それでも40代から肌を美肌に導くことはもちろん可能です。それは、毎日の「保湿・保湿・そして保湿!」です。

肌が乾燥してカサカサだと、たとえ20代でも40代に見られます。

しっとりプルプルの肌。それが若さの象徴です。

毎日の基本的なスキンケア、とくに洗顔は意識して優しく行いましょう。

保湿しているのに肌が乾燥している人の特徴として、洗顔で肌に必要な皮脂も落としてしまっている場合があります。

ふんわりとした泡洗顔で、肌を刺激せず、汚れをしっかり落としてから、たっぷりと保湿しましょう。

ヒフミドで乾燥肌、敏感肌、エイジングケア対策⇒40代のスキンケアこちら

スポンサーリンク


魅力的な40代になるためにやるべきこと

外見的なことはもちろんのこと、美しい40代になるためには、内面的なことが非常に重要です。

あなたの毎日をもっとキラキラとしたものにするため、習慣や考え方を変えてみましょう。

恋をしてときめくこと

独身、既婚に限らず、恋愛をすることは綺麗になるために必須です。

女性は恋をするから綺麗になるのです。

「そんなことを言っても、旦那に今更恋できないし」という人も多いかと思います。

恋する相手は何でも良いのです。好きな俳優、新しい趣味のダンス、外国の風景や音楽。大切なのは、あなたが心をときめかせることです。

初めての経験をする時、ドキドキして胸が高鳴りますよね。

恋をしている時もその時と同じように、脳内でドーパミンやセロトニンといったホルモンが分泌されます。そのホルモンが、女性を綺麗にすると言われているのです。

恋する相手、趣味や打ち込めるものを見つけ、好きなことをしていると実感しましょう。

そうすることで脳内から、どんどん若返っていきます。

毎日鏡の前で裸になる

体型維持というと、つい体重にばかり意識がいくと思いますが、これは大きな間違いです。

他人から見れば、体重なんて分かりません。その人がスリムで美しい、というのは、見た目の印象だけなのです。

体重計は一つの目安として使ってかまいませんが、それより鏡で自分の体のラインを見ることを習慣にしてください。

裸になって体のラインを観察すると、どこが崩れてきたか、はっきりと分かります。

もともと痩せているなら、ダイエットではなくエクササイズで、体にメリハリをつけることが必要かもしれません。

「体重ではなく、見た目重視!」ということを意識して、女性らしいボディラインをキープしましょう。

スポンサーリンク


モチベーションを保てるような予定を入れる

平坦な毎日で、綺麗になるモチベーションを保つのが難しい、という方も多いでしょう。

そんな方は自分でイベントを計画してはいかがでしょうか。

同窓会。40代でも綺麗な友人との外出。恋人や旦那さんと旅行。水着で過ごせるスパに行く。などなど、綺麗でいればより楽しくなるような行事を予定に入れましょう。

毎日の生活の中で、ついダラけそうになった時、お菓子を食べたくなった時など、そんなイベントのことを考えると歯止めになるのではないでしょうか。

同窓会では、誰が一番若いかという話題で持ちきりになるので、モチベーションを保つにはもってこいです。

かつての恋人や好きだった人に会える、というのもポイントですね。

エステなど自分へのご褒美を忘れない

頑張ってばかりでは、いつか心が折れてしまいます。

40代になったら、自分をきちんと甘やかすことも覚えましょう。

綺麗になるために日々努力している人は、たまにはプロに任せて、自分はゆったりとリラックスできるエステはいかがでしょうか。

自分へのご褒美をあげることで、「明日からまた頑張ろう!」という気持ちが湧いてくると思います。

素敵な40代は、自分のことをきちんと愛することができる人です。

鏡の前で、明日の自分はもっと若々しく、美しくなれる!と言い聞かせてみましょう。

笑顔で毎日自分に語りかけることで、きっと自信に満ち溢れた、キラキラしたオーラがついてくると思います。

自分の人生は自分だけのもの。

美しくありたいというあなたの気持ちが、あなたの凛とした印象となり、美しさを育てていくのです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です